単身者が引越し前、当日にやる事

荷物

引越し作業でやること

単身者の引越しではやることがたくさんあります。それは荷造りだけではなく、手続きなども入ります。しっかり覚えて、慌てないようにしましょう。まず、引越し1ヶ月前程から現在賃貸物件を契約している方は不動産に退去する旨の連絡をしましょう。この時連絡が遅れてしまうと、余分な家賃を払うことにもなりますので、期日はちゃんと確認して連絡をするのが良いです。次に引越し業者探しですが期日を決めたらすぐに見積もりを取るのがいいです。ギリギリで見積もりを取ろうとしても、業者によっては見積もりを出してくれない場合もあります。また、1社だけでなく複数の業者で見積もりを取るとより安く引越しが出来る場合があります。引越しの1~2週間前からは、荷造りを順次開始しましょう。最初に包むべきものは「日常生活で使わないもの」から梱包すると良いです。割れ物は割れてしまわないよう新聞紙で包んでしまうのが一番です。粗大ゴミ等が出てしまう場合は、市区町村の捨てる日などを確認してから行うとよりスムーズです。その他、ライフラインの手続きや郵便物の転送、転居・転出届の提出なども行っておきましょう。引越し前日までにすべき事は、いちばん最後まで使っていた普段遣いのものを分かりやすくダンボールに詰めておくと引越し先でもすぐ取り出して使えます。当日は引越し作業や住んでいた家の掃除、管理会社の人と一緒に退去に立会い、鍵を返して退去が完了します。このようにたくさんやる事がありますので、スムーズな引越しの為には引越し前や引越し当日も入念なスケジュールを立てて進めましょう。